蛇神はたくらみ龍神は斬る(14)蛇神のたくらみⅡ

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2018年12月23日

蛇神のたくらみ(Ⅱ)

 

 これで私が高校を卒業する頃になっても、夢に向かって頑張る気持ちになれなかった理由がわかった。当時の私は、その気で頑張れば漫画家の夢をいくらでも追えたはずだった。だが、頑張る気力がなかった。それは自分を池の底に沈めたときに、自分だけでなく周囲まで破滅させかねない欲望も一緒に沈めてしまったからだ。つまり、早い段階で欲望を持つことを諦めたのだ。

 欲望は生きるエネルギーに等しい。欲望を抑えれば、生きる気力も抑えることになる。だからあんなに無気力だったのだ。夢を叶えられないなら、欲望なんか、はなから持たない方が楽だと早い段階で諦めたのだった。

 子どもの脳の持つ欲望は、人に依存し、人に満たしてもらおうとする。感情だけで生きているようなものなので、欲求を満たせないとなると感情が爆発する。子どもの感情の攻撃エネルギーは強大だ。「大嫌いだ!」「〇〇なんか死んじゃえ!」と短絡的に思う強い感情が現実化することを知っている龍の意識も、内側には存在する。だから、周囲を破滅させかねない怒りが爆発する前に欲望の方を封印するのだ。

 だが、欲望を封印しても怨みだけは残る。誰かに叶えてもらうのが当たり前になっている限り、どうせ欲望を持っても満たしてくれないのでしょ!と恨み続けるのだ。

 末子である私は、家族の誰からも可愛がられる位置に生れている。もちろんそれが欲しかったからその位置を自分で選んだのだ。下に姉妹を持たなかったので、自分で自分の欲望を満たすという発想が持てないくらいその恩恵に浸りきっていたのだろう。だが、「可愛がる」というのは相手を下に見るということなのだ。エッセンス的には思考の量が増えれば「バカにする」と同じ意味になる。ペットや赤ちゃんは可愛いが、思わず「なんて可愛いおバカさんなの。」と感じたことはないだろうか。

 「可愛い」を褒め言葉だと思ってはいけない。例えば男性から「可愛い」と言われて喜ぶ女性は多いが、これは男性から見れば女性を自分とは同列に並べようがないくらい下に見ているということなのだ。女性の方には、バカなふりをすれば可愛がって貰える、という下心が隠されている。なので、女性の方から相手を振ったりすると男性は猛烈に怒り、ストーカー化することすらある。それは、下に見ていた相手からバカにされたと感じるからだ。自分が可愛がる(下に見る=バカにしている)相手からバカにされると人は猛烈に怒る。つまり、男性から可愛がられたい女性ほど、人を下に見る傾向が強く、すぐに馬鹿にされたと怒るのだ。この世界はどこまでいってもフラクタル構造の鏡の世界なのだ。可愛いがる=可愛がられる、は表裏一体だ。それはバカにする=バカにされる、世界でもある。この世界から抜け出したいなら、自分の夢は自分で叶える(自立する)と決めることで「可愛い」から卒業し、子どものときに創った、見下す相手をつくることで自分の方が偉いと思う思考パターンを変える必要があるのだった。

 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2019 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top