蛇神はたくらみ龍神は斬る(23)復讐

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2019年03月26日

 

 復讐

「古事記の舞台はここにある」

 晩年父が、神職ならだれもが祭りで使う「大祓」という祝詞について印象深いことを言っていたことを思い出した。それは、「大祓」の祝詞は、素戔嗚命は善い行いもたくさんされたのに、皆で悪者扱いして懲らしめる内容になっている、というものだ。この部分が父から見て感情が動く箇所なのだ。内容のどこに興味を持ち、どう意味付けるかで、その人の持っている思考パターンがわかる。

 古事記を読むと、天照大御神と素戔嗚尊は姉弟関係になる。天皇は男系と決まっているのに、何故皇祖神は女性なのだろうかと思ったことはないだろうか?

 フラクタル心理学では脳にはヒエラルキーがあるという。それは社会のヒエラルキーと相似形になっている。なので、ヒエラルキーを守らないと社会で活躍しようと思っても問題が起きて上手くいかない。

 古事記の冒頭、神代の記述の中では、何故かヒエラルキーが逆転しているように見える。姉の天照大御神が弟の素戔嗚命より上に位置して天を治め、素戔嗚命は地上を治めている。早くに亡くなった母を恋しがる素戔嗚が、姉に会いに天に昇って大暴れした為に、姉神は天の岩戸にお隠れになる。岩戸からでてこられたこころ優しい姉神の許しを得て心を入れ替えた弟神は、地上に戻ってその後は良い行いをしたことになっている。男兄弟の末子である大国主命も、嫉妬した兄たちに何度も殺されそうになるが、心やさしい性分のお蔭で周囲に助けられて難を逃れ、ついに兄を差し置いて国を素戔嗚命から引き継いで治めることになる。だが、その国も、後に天から降りてきた天照大御神の子ども(天皇につながる系譜)に引き渡しを要求され、最終的に手渡すことになる。

 

 

 神代の話を、姉兄弟のエッセンスに戻して考えると、完全にヒエラルキーが逆転しているのがわかる。

 私の父は長男だが、上に姉が3人おり、父の子どもの頃の乱暴ぶりをよく伯母様方から聞かされていた。私が小学生に上がる前、姉達と母が団結して、食事時になると父と争っていたようにも感じていた。それを見ながら、父が一人ぼっちに思えて、可哀想だと思っていたのだ。

 父は、自分の置かれた立場を素戔嗚命と重ねて見ていたのではないか。

 そう言いたいとしたら、それは私の思考なのだ。つまり、私が父を素戔嗚尊に重ねて見ていたのだ。

 私の頭の中のヒエラルキーが逆転していたので、横暴で自分勝手な父(子どもの自分にはそう見えた)を散々頭で批判して、父を一人ぼっちにするような現実を創ったのだ。そして、父を可哀想だと思うことで、それを望んで現実化した自分を誤魔化しているに過ぎない。優しいとか可哀想という気持ちは、深い部分にある真逆の感情を誤魔化し、自分を美化できる便利な言葉なのだ。文字通りに受け取ると未来で裏切られる。

 神職の資格まで取って家を継ぐといいながら、結局父の期待を裏切り、結婚して家を出て、最終的に父が持っていた神社をすべて人手に渡してしまうのだから、これは父への裏切り以外の何物でもないだろう。

 だから、生涯に渡って父に「古事記の舞台はここにある!」と狂ったように言わせ続けていたのかもしれない。ヒエラルキーの逆転した現実がここにある!と未来の自分が父に言わせ続けていたのではないか。

 

 生長の家で「親に感謝出来ない者はこの世で幸せになれない」と知り、自分ながらに一生懸命そのことにこだわり続けたつもりだったが、父が亡くなるまで、私はまだ心から父に感謝出来ていないと深い心でわかっていた。もしかしたら私は父に復讐したいのかもしれないと何度も感じたものだった。でも、そうならないようにしようと思っているのに、どうしても結果的にはそっちに行く現実しか選べないのだ。それが子どものときに創った感情の思考パターンのせいだとは勿論わかるはずがなかった。表層意識と深層意識がまったく別の脳で、自分の中に表層の自分とは別のことを考えている自分が何人もいるとは知らなかった。父を悪者にする目的は、父から母を独占し、自分の為だけに召使の様に母を使いたいという、視野の狭い身勝手で独占欲の塊のような子どもの自分がいることに気づけなかった。自分が本当に避けているのは責任をとることだとも気づくことが出来なかった。もちろん深層意識の思考パターンを変える方法も知らないから、いくら変えようとしても変わらないということすらわからなかった。

 だが、父が亡くなるまでには必ず見つける!そういうものに絶対に出会うはずだ!と固く信じていたのも事実だった。

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2019 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top