蛇神はたくらみ龍神は斬る(26)無駄な経験はない

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2019年04月25日

 

無駄な経験はない

 父の祭りの手伝いを続けながらアルバイトを転々としていくうちに30歳近くなっていた私は、父が結婚相手にと離婚経験のある神社関係者を強引に引き合わせたことが引き金となって、当時アルバイト先で出会い、付き合っていた相手と結婚して家を出る決意をする。結婚して家を出ることは、両親だけでなく、神社関係者の期待も裏切ることになると分かっていたが、このまま意に染まない相手と結婚したとしても決して幸せになれない!自分が幸せになることが一番の親孝行になるのだ!と言い聞かせながらの結婚だった。

 だが、これも子どものときの思考パターン通りに人生を創り上げたに過ぎない。羨ましがって自分もやりたいと手を上げるが、いざやってみるとそこには自由がなく、責任が重くのしかかって来るのがわかってくると、誰かに押し付けて逃げてしまうのだ。私の人生は、このパターンを何度も繰り返しているのがわかる。

 

 夫の父親は彫刻家だった。まだ独身の頃初めて義父のアトリエを訪れたとき、「こここそ私の本来いるべき場所だ!」と感じたことを今もはっきりと覚えている。義父のアトリエは、子どもの頃から憧れていた自由と才能と創造の象徴のように感じられた。絵を描いたり、本を読んだりするのが好きで、儀式や社交儀礼が苦手だった私は、自分は生まれる場所を間違ったのだとずっと感じていたので、「本来居るべき場所にやっとたどり着いた!」と思えたのだった。

 結婚してひと月もたたないうちに、義父は待望だった日本で一番大きな美術展の審査員になり、翌年には広島県で最初の県民栄誉賞も受賞した。夫は同じ年に仕事を独立し、収入は3倍にも4倍にも増え、長男も生まれた。そこから先は、その2年後に生れた娘も加えて、毎年アジアのリゾート地でダイビング三昧の旅行を楽しむのが恒例となった。モルディブ、プーケット、グアム、サイパン、ニューカレドニア、グレートバリアリーフなど、アジアの主要なダイビングスポットにはほとんど家族4人で行き、現地で多くの方と関わり合うことができ、まさに子どもの頃の夢がすべて叶ったような生活だった。

 結婚を機に習い始めた生け花の華展では、毎年義父との合作のような作品を仕上げて出品した(それは今も続いている)。人の背を越えるような大作を作る時、義父に相談すれば、彫刻で使った残りの廃材を使って、すぐにその土台の部分をイメージ通りにつくってもらえるのだ。私が頭の中にあるイメージを義父に伝えると、義父はすぐに理解し、互いにああでもないこうでもないとイメージだけで会話しているのに、確かに同じイメージを共有していると思えることが不思議だった。

 

 気がつけば19歳の頃の自分とは比較にならないくらい幸せな生活を手に入れていた。嫁ぎ先の義父母は、天気がよいとふらっと一緒にデッサンや旅行に出かけ、私と夫の生活にあまり干渉しないので、肩の凝らない自由な家風だった。夫は真面目で優しく働き者で、私は宝物のような子どもを得ていた。

 その半面、型にはまり自由が許されない神職の仕事と、嫁ぎ先とは対照的な家風の実家とを行き来する生活に、何故私の人生はこうも両極端を行ったり来たりするのだろうと納得がいかなかった。早く神職を辞めて自由にやりたいことだけをしていたかった。35歳を過ぎてから10年間漫画家を目指したことも、神職を辞めたい一心からだったが、東京の色々な出版社に持ち込んで、たまに良い手ごたえを感じたことはあっても、結局は実力不足を痛感して諦めるしかなかった。

 今ならわかるが、もともと漫画家になって成功したい気持ちなどなかったのだから、なれるわけがなかった。人は本当に欲しいものは必ず手に入れるからだ。「なるぞ!なるぞ!」と思考すればそのうち空気のように当り前に手に入れているものなのだ。もし、10年間必死でやり続けても手に入れられていないなら、それは感情の部分では欲しくないのだ。私が漫画家を目指したのは、型にはまり、責任をとる神職の仕事を辞めて、自由にやりたいことだけをしていたかったからだ。もし漫画家になってしまえば、今度は漫画家として型にはまり、責任をとらなくてはならない。つまり、私の本当の願いは「自由にやりたいことをする」ことで、それはもう叶っていたのだった。空気のように当り前に手に入れていたので、自分では気がつくことが出来なかっただけなのだ。

 だが、10年間漫画家を目指して頑張ったことも決して無駄にはならない。それが結果的に自分のイメージ脳を鍛え、自分の中からどんな感情でもひょいと掴み上げることができる能力として、今役に立っているからだ。誰もがフラクタル心理学の理解が深まれば深まるほど、過去に頑張った経験が未来に生きてくることを実感するはずだ。どんなに嫌な出来事も、その経験が欲しいから自分で創っているのだということも。

 両極端を行ったりきたりする度に、八方塞がりのように感じていた私の人生は、責任を放り投げて自由にやりたいことだけをやろうとする自分と、人生を思うように創造する神のようになりたい自分とが、常に葛藤していたからだった。

義父との合作?作品

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2019 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top