2018年9月

蛇神はたくらみ龍神は斬る (4)蛇の目 Ⅰ

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2018年09月16日

 

蛇の目 (Ⅰ)

 

 何年か前、まあるく茂った庭木の中から蛇が頭だけ出して日光にあたっているのを見た。頭だけしか出ていなので、最初は蛇だと思えなかった。思索する蛙のようで、愛らしくさえ感じた。すぐそばまで顔を近づけてしげしげと見つめているのに、太陽に顔を向けたまま逃げようとしない。身体が隠れているので安心していたのかもしれない。

 

 

 

 ひとは自分を重ねてしかものをみることが出来ない。あの時、私は蛇に自分を重ねてみていた。だから、強烈な印象で記憶に残ったのだ。

 

 

 

 わたしは小さい頃から空想ばかりして楽しむ子どもだった。

 神職との兼業農家で父も母も休む暇なく働いていた。農家の家畜には仕事が与えられるように、子どもも薪を使って風呂炊きや飯炊き、当時飼っていた犬や山羊などの家畜の世話、市場へ出荷するコンニャクや梨の箱詰め作業、祭りに使う御幣作りなど、年齢に応じて様々な仕事を与えられた。とりわけ春の田植えと梨の袋掛けシーズン、秋の稲刈りや梨の収穫シーズン、正月前の大掃除から始まる祭りの準備は家族総出で夜なべしてやるのが恒例だった。夕食や掃除は、そのうち忙しい母に変わって長女が仕切って当番制にし、子どもが順番でするようになった。

 小さい時は家族が揃って畑に行き、お昼に畑の中でお弁当を囲むのが楽しかった。姉達がいれば、一番小さい私は退屈しなかった。遊びがてら、姉の見様見真似で仕事をやった気になっていたに違いない。遊びも手伝いもいつも姉達のうしろを夢中で追いかけていた。

 大きくなるにしたがって姉が幼稚園や学校に通い始めると、よく空想するようになった。山の中の生活が退屈でつまらなく感じ始めたのだ。恐らく一人で両親の手伝いをするのが嫌だったのだろう。両親の声が届かないお宮の山に入って、ひとり空想していたのを思い出す。

 空想するのは、もっぱらテレビで見た海外ドラマやアニメの主人公になりかわって自分が活躍する世界だ。テレビで見る海外ドラマは山の中の生活とはかけ離れていた。このかけ離れた世界に憧れるのも私の思考パターンだった。6歳までに感情の脳でつくった思考パターンは、その後の人生で、同じ絵柄が並ぶ絨毯のように同じパターンで織り込まれていく。

 私の場合は、今いる場所を良いと思えず、遠くに憧れるというパターンだ。

 このパターンがあると、現実の仕事をしっかりとこなすことが出来ず、失敗が多い。やれと言われたことはやるが、手元に集中しないので十分な能力は身に付かない。現実の世界に目標を持たないので中身はスカスカで、いつまでたっても責任がとれるような仕事が出来ない。現実がいい場所と思えないので、いつもここは私がいる所ではないと感じる。面白い、楽しいと感じるハラハラドキドキする感情の刺激ばかり求める。

 空想やテレビや漫画や小説の中で感情が活き活きしている時間だけが生きている気がして、それ以外の現実はつまらなく、生きている気がしないのだ。その為に益々仮想空間の中で刺激を求めるようになる。

 

「生きる」とは、現実と繋がる必要がある。目の前の必要に応じて行動することで現実と太いパイプが繋がっていく。同じ行動を繰り返すことで能力がつき、能力を持つことで人の役に立つ喜びや、目標をクリアし達成する喜びを知る。常に空想の世界にいることを望んでいるということは眠っている(夢の世界にいる)のと同じなのだ。

 自分の中に現実を生きる回路が乏しいことに気づかせてくれたのはフラクタル心理学だった。いつも現実が生き難く感じていたのはこのせいだったのだ。これまでの人生に繰り返し神話や伝説をよみがえらせようとする人物が現れるのが不思議だったが、それは不思議でもなんでもなかった。空想の世界で生きようとする私の思考パターンが現実化していただけなのだ。

 

 空想する思考パターンを持ったまま社会に出て一番困るところは、土台をつくれないことだ。空想の世界では土台づくりなどしなくともヒーローになったところから始めればいい。頭の中に土台をつくるという発想がなく、なんでも簡単に出来ると勘違いし、すぐに結果を求める。すると現実で自分が上手く出来ないことが理解できず、すぐに結果が出ないことに我慢できない。なので、上司から怒られたり注意されると、言いがかりをつける悪者に見える。厳しい人が現れたときは、出来ないことを反復して実力をつけることを促されているのに、この思考回路が邪魔をして、同じことを繰り返す努力が出来ない。そして、出来ないことを求める人物を悪者にする理由を探し、自分を正当化する言い訳が始まるのだ。散々頭の中で悪者にするので思考は現実化し、いつか本当に悪者になって、自分が苦しむことになる。上手くいっている人が狡く見えるとしたら、自分が自分のことを努力が出来ないのに成功しようとする狡い奴だとわかっているからだ。人は自分の中にあるものでしか外側を認識できないのだ。

 

 イメージするのは賽の河原に積まれた石だ。一個一個上に積み上げる石は、すぐに崩れてしまう。早く、高く積み上げようと思うから横に並べるという発想が出来ない。積んでは崩す無駄な努力を繰り返し、その度に怨みも積み上がっていく。

 社会で積み上げるとは、ピラミッドのように石をまず横に並べ土台をつくるのだ。それは、現実の求めに応じて同じ行動を何度も積み重ね、能力にするのだ。しっかりした土台が出来ると自然と一つ上の段に上がり、また次の基礎造りが始まる。そうやって一歩一歩確実に実力と成果を得ていくのだ。こんなこともフラクタル心理学を勉強しなかったら、きっと一生知らないままだっただろう。

 

 

 そもそも感情の思考パターンは、子どものとき同じ行動を積み重ねることが嫌で、その努力から逃げる自分を正当化する為につくった回路なのだ。父や母や姉達はいつも現実の世界で役立つ色んな知恵を教えてくれていたのに、子どもの私は空想の世界でいつでもヒーローになれる自分のほうが偉いと勘違いしたのだ。だから、指示される立場が不満で、蛇のように穴にこもってヒーローになった自分を空想し、穴から見える範囲で両親や姉達を批判し、裁判官のように断罪していたのだ。人への批判は自分への批判であり、人へ下した断罪は自分に下した断罪なのだとも知らずに。

 

 

 

(次回に続く)

 

 

 

白滝山の中腹に建つ高龗神社からの眺め

 

 

 

 

 

 

蛇神はたくらみ龍神は斬る  ⑶神話と伝説に埋もれた里 

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2018年09月08日

神話と伝説に埋もれた里父尾(ちちお)と猿が城

 私が生まれたのは備後地方、広島県福山市新市町の山の中、白滝山の麓父尾(ちちお)である。先祖は、中腹の月入りの森に建立する高龗(たかおかみ)神社の神主として代々神社を守ってきた。父は62代目にあたる。ご神体は少し離れた山の谷間の三つの瀧(闇龗(くらおかみ))で、最初にこの地に神社が建立されたのは天平勝宝7年(西暦755年)と記録されている。霊験あらたかな祈雨の龍神様として福山藩主の代官が毎年幣を手向けに来ていたと公の記録にも残っている。江戸時代に建てられたという当時住んでいた家は、代官用の広い玄関、湯殿や厠がある藁ぶきの日本家屋で、祭りには近隣の村落からも人が集まり、出店(でみせ)が並び、賑やかだったことを記憶している。

 この地にあったもう一つの神社、国高依彦(くにたかよりひこ)神社は、延喜式神名帳(西暦927年)に記載された延喜式内社である。金山銀山のお蔭で、この土地が最も栄えていた頃には4千五百戸余りもある、父(ちち)母(も)市(し)と呼ばれる一大鉱山町だったことを知る人は、今ではほとんどいない。この地方の一の宮より大きかったとされるこの神社は、1463年の大火で鉱山町もろとも消失している。その前の年には、長雨の影響で坑道が落盤し、多くの鉱夫が生き埋めになったまま掘り出すことが出来ず、千人塚として今にいい伝えられている。

 

 私が生まれた頃には25戸あまりの過疎集落になっており(現在4戸)、賑やかな鉱山町の名残は、あちこちに開いた坑道の横穴の入口と、屋号や土地に残る名前(新町、湯屋町、市町、女郎屋敷、など)、畑からでるカナクロ(鉱石をふかした溶石)くらいしか偲ぶ影はなかった。

 そんな伝説のような歴史に埋もれた、山に囲まれたすり鉢の底のような集落で、私は8人家族4人姉妹の4女として生まれ育った。地域は過疎化し、神職一本の仕事では生活出来ず、父は農業を学んでコンニャクや梨を生産し、生活の糧にしていたが、松村家の家風には、まだ神話や伝説のなかで生きているかのような高いプライドが息づいていたと思う。上から順に二つ違いの姉妹同士が派手な喧嘩をしているのを見た記憶も、した記憶もない。大きな声を荒げるなんて下品だ!そう感じる位プライドが高い家族だったのだと思う。そういえば、社会人になって同僚の家に食事に招かれたとき、友人の父親への遠慮のない物言いにショックを受けたのを覚えているが、友人は私が家族と話す他人行儀な言葉使いにショックを受けたといったことがある。

 いかにプライドが高かろうが、過疎集落である。保育所や小学校には往復で8キロの道のりを毎日歩いて通うしかなかった。その片道4キロのうち3キロの間には民家も灯りもない、川に沿った一本道だった。

 そして、その山道を囲む山には猿の群れが集団で暮らしていた。赤滝山の猿として古い文献に「数万の猿が住む」と載るくらい昔から猿の多い場所だったらしい。神社のある白瀧山から尾根伝いに「猿が城」という山があり、その山頂には猿田彦命が祀られていた。その山裾の道を通っての幼稚園からの帰り道、山一面見渡す限り猿の群れに遭遇したときは、さすがに怖くなり、友人と二人隠れたのを思い出す。

 農業で生計を立てる父にとって、猿との戦いは死活問題だった。猟銃の免許を取って猟犬を飼い、猿を捉える檻を置き、日夜格闘していた。以前水上スキーをする猿のモモコがテレビで話題になったことがあるが、あの猿は父尾で父が仕掛けた檻に捉えられた子猿だとよく父が話していたが、本当だろうか?

 猿はよく集団で現れては農作物を荒らしたが、大人を警戒しても子どもは無視して相手にしなかった。頭がよく、相手が何も出来ないと判断すると、すぐ近くで追い払っても、恐れることも逃げることもなく悠然とやりたい放題だった。年上の男の子たちが、石を投げたら猿も投げ返してきた!と興奮して話していたのを覚えている。

 社会人になっても猿では忘れられない記憶がある。朝早く私の部屋へ父が偲び足で入ってきた。手には猟銃を持っている。気がついて起きようとすると父は「シッ」と口の前で指を立てた。家の裏の柿の木に猿が来ているとサインで知らせると、ゆっくりと銃の先が出るくらいだけ窓を開け、狙いを定めてぶっ放したのだ。目の覚めるような轟音とともに薬莢が飛んできたのを覚えている。確か、その時は「猿は落ちたが、逃げられた」と父は言ったと思う。

 今思うと可笑しいが、当時から父の姿を借りて私は猿と戦っていたのだ。父は未来の私だったとわかる。

 私の中で猿と蛇と蔓と子どもは相似形(フラクタル)だ。高龗神社の祭神は龍神だが、完全な龍ではなく蛇と龍の間、と聞いたことがある。蛇神とは邪心につながる。穴にこもって人目を避け、じっと外を伺い、ネチネチと陰湿なことを考える、そんなイメージだ。子どもというのは、大人から怒られたときや、兄弟姉妹で喧嘩したとき、心でネチネチと相手を悪者にし、自分を正当化するものだ。猿くらいの知恵やずる賢さはあるが、誰かに寄りかかり、何かに巻き付いていないと自立できない蔓のような思考回路の持ち主だ。

この思考回路が感情のパターンとなって、同じような問題をつくり出す人生から抜け出せなくなっていたことに、後にフラクタル心理学を学んで気づいたのだった。

高龗神社の闇龗の一つ (二の降り)

 

 

蛇神はたくらみ龍神は斬る ⑵一元の理論

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2018年09月04日

 

 

 

一元の理論

人生を振り返る前に、私が学んだフラクタル心理学の一元の理論について、現在の私が理解出来る範囲で少しだけ書いておきたい。

一元の理論とは、自分の思考が人生を100パーセント創っているという理論だ。外側に見ているものは全部自分の過去の思考なので、自分のどういう思考が、どういう仕組みで今の現実をつくったかを学んでいく。「思考は現実化する!100パーセント例外なく!」だということを、頭(表層)だけでなく実感(深層)で深めていくのだ。頭で理解しただけではこの理論は使いこなせない。深層に届いて初めて実感が深まり、この理論が使いこなせるレベルになっていく。

最初は、理論を学びながら、それを表層から深層に届けるルートをつくるところから始めるが、強烈な感情の抵抗にあうことになる。感情は、自分に都合の悪いことは受け入れようとはしない。一元の理論とは数式である。矛盾なく同じ答えが出るから数式といえるのだが、感情はコロコロと都合よく答えを変え、「だって嫌なんだもん!」という感情が、数式がはじき出す答えに勝ると思っている。そのせいで人生がコントロール不能になっていることが理解できない。なので、フラクタル心理学独特の修正という方法で、感情の抵抗を小さくしていくのだ。

抵抗が小さくなるにしたがって、理論が深層に受け入れられていく。すると内側から悟りのような理解がフッと来るのである。どういう思考が自分の現実をつくったか、どこに矛盾が生じてコントロールを失っているかが、「わかる」のだ。この理解が深まるにしたがって、自分の人生に何が起きても外側の人や、出来事のせいにしなくなる。外側は自分でコントロール出来ると気がつくからだ。そして、怒りや恐怖などのネガティブな感情から解放されるにしたがって、積極的にポジティブな人生を創造し始めるのだ。

対して、従来の二元の思考とは、外側には大勢の他人がいて、自分だけの力ではどうにもならない現実があると思っている、コントロール不能の世界である。なので、常に不運や不幸がいつわが身に降り注ぐかわからない不安が付きまとう。嫌な出来事が起きたとき、運命や誰かのせいにすると益々コントロール不能に陥り、不安は増大し恐怖は深まっていく。

 

それにしても、なぜ私たちは不安(怒り)エネルギーで人生を創るようになったのだろう。

フラクタル心理学では、感情は6歳までに意味づけたパターンどおりに、その後の人生も動き続けるという。そうであるなら大人になっても無力だと感じるのも無理はない。子どもは無力で、依存的で、怠慢だ。そもそも何も出来ないところから人生は始まる。赤ちゃんが泣くのを言葉にしたら「誰か早く私の要求を満たせ!!」だ。自分でなんとかするという思考回路はない。泣けば、周囲が気持ちを察して動いてくれる。まさに裸の王様だ。その状態から、自分の事は自分でやる自立の回路をつくろうと親は奮闘するが、そう上手くはいかない。主に感情の脳だけで生きる子どもは、気持ちいいかどうかで善悪を判断するからだ。これまで王様のように親に身の回りの世話をやかせていた子どもが、急に「自分でやれ」と言われれば、怒るに違いない。「自立は悪。親のくせに俺様にやらせるなんて間違っている!」と、意味づけたとしても不思議はない。

大人になっても感情は常に動いている。もし感情をいちいち言語化すれば、それはとんでもなく依存的で、俺様のはずだ。なにせ6歳児なのだから。

「しろよ!なんでしてくれないんだ!気持ち良くないぞ!お前なんか嫌いだ!俺様を優先しろ!」。

いつも人を動かそうとし、人の顔色を伺う。期待通りの反応が返って来るかを見張り、期待外れだと怒る。善悪を自分の都合で判断する。社会人になっても感情がそれでは、周囲との摩擦が増え、疲れるのもしかたがないというものだ。

こういう脳で見る社会は、どこを見ても、奪い、奪われる争いだらけの世界に見えている。奪う相手は、奪おうとする自分の姿が鏡に映っているだけだと気がつかない。そして、依存的で怠慢な自分を正当化する為に、ますます外側の敵を巨大にし、自分を可哀想な被害者にして対抗しようとする。相手を滅ぼすことは自分を滅ぼすことだとも知らずに、正義の戦いに夢中になる。

二元の世界は、鏡に映った自分の後ろ姿を敵だと認識し、自分の背中に何度も矢を放つ世界なのだ。なので、相手に放ったつもりの矢が突然自分の背中に突き刺さり、何度も痛い思いをするのだ。一元の理論をまだ使いこなせないうちは、それに気づくたびに、こんなバカバカしい猿芝居をしていたのか!と、唖然とするのだが、またいつの間にか猿の繰り広げる「正義と悪」の戦いに夢中になっている。本当に感情を猿とは言い当て妙だと思う。

 

一元の理論を理解する過程は、この二元の思考でフル回転させていた不安エネルギーからの解放ともいえる。それは、相手に明け渡していたエネルギーが自分に帰って来ることなのだ。コントロール不能な世界からコントロールを取り戻すのだ。自分がどんどんパワフルな存在になっていくのを感じる過程なのである。

 

 

 

 最近テレビで「石油を燃やさない自然エネルギーへ転換する、エネルギー革命が世界で急速に起きている」という番組を見たとき、フッと思った。これは、思考のエネルギー革命なのだ。怒りを燃やして燃料とする不安エネルギーから、怒りを燃やさない創造エネルギーへ変換する時代が来ている。一元で生きるとはそういうことなのだ、と納得した。

 

 一元の理解を深めていくと、人生には偶然はなく無駄はない、ということが何となくわかって来る。それは、すべて完璧なフラクタル構造だからだ。過去も現在も未来も同じ曼荼羅図の中に同じ絵柄として美しい構造で並んで見えている。内側から悟りが来るとは、「あれ?こことここは同じ絵柄(構造)じゃないか!」とフラクタル(相似形)に気がつくことなのだ。同じ絵柄を使いまわしているだけなのに、見る方が意味付けを変えるので、その度に同じ構造が別の絵柄に見えてくるのだ。

例えば、私の場合、最初に目につくのは「猿」である。私の人生の曼荼羅図のそこかしこに猿の絵柄が入っているように、今の私には見えている。二元の考え方では過去は変えられないとよくいうが、「過去をどう意味付けるかは現在の自分が決めている。」という一元の理論を学んだ今では、過去は簡単に書き変わると知っている。

過去を書くうちに脳がコネクトされ、どう書き変わるのか、楽しみである。

(続く)

 

私の過去のブログ「モンキートレーナーたまこ」より

 

 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2019 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top