フラクタル心理学が宇宙人の言語に聞こえるとしたら

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年10月12日

フラクタル心理学は自立の回路をつくるので

 

感情脳という受け身の回路を使っていると、この理論が理解出来ません。

 

理解出来ないどころか、意味不明の宇宙人の理論にしか思えません。

 

それは感情脳で見ている世界と、フラクタル心理学を理解した後の大人の脳が見ている世界では、

物事の善悪が真逆に見えているからです。

 

感情脳は6歳までにつくられた子どもの脳なので、

自分に合わせてくれる人が善

我儘を聞いてくれる人が善

いつでも周囲に気を使い、親切に世話する人が善

 (いつでも自分に気を使い、親切にしてくれるのが善だと思っているから)

そして、そんな自分の思考が貯まって、それが社会正義になっている世界しか見えていないのです。

人は自分の脳を通してしか世界を認識できませんから、

違う常識の世界で生きている人が存在するとは、

考えることも、想像することも出来ないのです。

 

でも、この感情脳で見ている世界は

相手を自分の思い通りに動かそうとする支配、被支配の世界なので、

社会はそう見えているし、身近には自分を思い通りに動かそうとする嫌な相手が現れ、

周囲の人に振り回され、社会的な成功に向かう気になれません。

それは全部自分のやり方なのですが、

感情脳は受け身(被害者意識)で受け取ることしか出来ないので、

そこに気がつけません。

 

 

でも、そんな人生を生きることで満足できますか?

 

自分が思うように人生を創造する為に、

その面白さを味わう為に、

この世界に生れてきたのではないですか?

 

 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2022 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top