2021年4月

言いわけしないから成長出来る

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2021年04月22日

人は成長したくて現実を生きています

 

もし成長する方を選ばないとしたら

それは死を選ぶことと同じ

問題ばかり起きてくるし

身体はどんどん衰えてくるし

体力は落ち

健康に不安を覚えるようになっていきます

 

人の世話や面倒をみたくなるのも

実は成長する方向を選びたくないときなのです

 

そういう時は自分の周りに

手のかかる人

心配せずにはおれない人が現れます

 

自分では困った問題が起きた!と思っていますが

これを現実化したのは

深層意識の中の感情脳(子ども心)なのです

 

 

フラクタル心理学理論を学ぶと

起きた現実に一切言い訳が出来なくなります

 

理論を学ぶ前は

何かが起きてから「わあ!こんなことが起きた!」と驚き、戸惑い

「私、今こんな状態だから○○出来ないんです」

と起きたことを言い訳にしてきました。

 

 

思考の現実化理論を学ぶと

その現実を創ったのは自分だと分かってきます。

 

普通に考えれば

自分が好きに現実を創っていいとしたら

そんな困る現実を創ろうとは思いませんよね。

 

でも

自分が創っているといっても

自分には見えていない感情脳(子ども心)の自分が創っているのです

 

 

6歳までにつくられた感情脳は

成長する方向が良いものだと思えません

それは誰にも依存せず

次々に新しいことに自分の力で挑戦していくのは怖いからです

人は一つの人格で生きていません

自分とはまったく違う価値観で動く自分もいるのです

この脳に現実化を任せておくと

 

自分が成長する方向を選ぶことが出来ず

「どうしよう!これがあるから上手くいかない!」

という問題から解放されません

でも

 

本気でそんな人生から解放されたくなったときは

相手に見ている問題を自分に返して

成長する方向を選べばいいだけなのです

 

思考

 

 

感情こそが自分らしさだと思っていると、、、

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2021年04月07日

感情ばかり使っていると

怠慢な自分を変えていくことがとても困難になっていきます

 

この6歳までに出来上がった子ども脳(感情脳)は

与えてもらって当たり前

いつも誰かに期待して

人の顔色を見張ってばかりいます

 

勝手に期待しては

勝手に裏切られた!と怒ります

 

人に期待する暇があったら自分でやればいいのですが

自分の方が与える側になると思うと

負けた気がするのです

 

 

大人の脳(理性脳)を使い始めると

人の顔色や行動を見張らなくなります

 

自分で自分を励まし

自分に認められるように動きだします

 

 

感情を自分らしさだと思って生きている限り

受け身の生き方から逃れられません

 

 

大人の脳の回路は自己完結

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2021年04月06日

自分の感情を大切だと思って生きている限り

受け身の生き方から逃れられません

 

 

「なんでこうなってくれないの?」

「なんで思い通りにいかないの?」

 

その原因を外側のせいにして

不安や怒りに囚われながら

いつも誰かを裁いていますが

それが当然なのでおかしいとも思いません

期待は裏切られ

求める答えは得られず

釈然としない想いは増えるばかりです

 

だってみんなそうでしょ!?

と思っています

本当にそうでしょうか?

 

 

自分が

自分の現実を100%例外なく

自分の思考で創っていることがわかると

 

外側の誰かのせいにすることはなくなります

環境のせいにすることも

運命のせいにすることもなく

問題が起きたと感じたときは

その原因の答えを自分の思考回路から

探し出し

回路を修正します

 

あとは

恐れることもなく

不安に感じることもなく

ただ自分の現実に集中して

こころに決めた目的に向かって

一個一個目標を達成しながら

未来を創造して行くだけなのです

 

余計な感情が動かず

言いわけする必要もなく

シンプルで力強く

迷いがありません

 

 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2022 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top