その他

本当の自立は、自分で自立の回路をつくる作業

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年10月19日

感情が自分の能力に制限を設けていると考えたことがありますか?

感情脳は6歳までにつくられた脳なので、とても依存的。

自分の限界を決めているのはこの感情脳なのです。

 

それを野球の投手で例えるなら

 

いつも同じ球しか投げない、と決めているようなものなので、

どこと試合をしても勝てなくなっていきます。

わかっていても違う球筋を投げる為の努力をすることが出来ません。

「なんで自分が嫌いな玉を投げる努力をしなくちゃいけないんだ!この球筋が好きなのに!自分に合わせてよ!」と大人になっても感情だけが子どもの頃のままなので、

どこが大人社会の常識とズレているのかが理解出来ません。

嫌だという感情と戦うので、すぐに疲れてしまいます。

そして、相手に打たれる度に「ちょっとくらい遠慮してくれてもいいじゃないか!

可哀想だと思わないのか!」と怒ります。

そして、自分が社会で思うように活躍出来ないことが理解出来ないと

不満を貯めるのです。

 

 

感情を使うと、そんなバカバカしい脳の使い方をしているのですが、

ものごころついたときからこの感情の流れに乗って

いつも同じ結論に流れ着くのが表層意識(自分という意識)なので、

そのバカバカしさに気がつきません。

いつも感情が先に動き、理性は感情が収まってから動くのが脳のルートになっているのです。

その為に

これで試合に勝てるはずがないとは人を見ているときはすぐにわかるのですが

自分のことだとわからないのです!

 フラクタル心理学を勉強すると、自分がこれまで当り前だと感じていた感情ルートのバカバカしさに誰もが気がつき、愕然とします。そして、やっと感情脳を自分で大人にしていこうと決意することが出来るのです。

その作業こそが、自立の回路につながります。

 

 

 

フラクタル心理学が宇宙人の言語に聞こえるとしたら

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年10月12日

フラクタル心理学は自立の回路をつくるので

 

感情脳という受け身の回路を使っていると、この理論が理解出来ません。

 

理解出来ないどころか、意味不明の宇宙人の理論にしか思えません。

 

それは感情脳で見ている世界と、フラクタル心理学を理解した後の大人の脳が見ている世界では、

物事の善悪が真逆に見えているからです。

 

感情脳は6歳までにつくられた子どもの脳なので、

自分に合わせてくれる人が善

我儘を聞いてくれる人が善

いつでも周囲に気を使い、親切に世話する人が善

 (いつでも自分に気を使い、親切にしてくれるのが善だと思っているから)

そして、そんな自分の思考が貯まって、それが社会正義になっている世界しか見えていないのです。

人は自分の脳を通してしか世界を認識できませんから、

違う常識の世界で生きている人が存在するとは、

考えることも、想像することも出来ないのです。

 

でも、この感情脳で見ている世界は

相手を自分の思い通りに動かそうとする支配、被支配の世界なので、

社会はそう見えているし、身近には自分を思い通りに動かそうとする嫌な相手が現れ、

周囲の人に振り回され、社会的な成功に向かう気になれません。

それは全部自分のやり方なのですが、

感情脳は受け身(被害者意識)で受け取ることしか出来ないので、

そこに気がつけません。

 

 

でも、そんな人生を生きることで満足できますか?

 

自分が思うように人生を創造する為に、

その面白さを味わう為に、

この世界に生れてきたのではないですか?

 

 

 

 

人生が勢いよく前に進み始めるには

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年10月05日

フラクタル心理学を学んで

深層意識の自分と表層意識の自分が同じ方向を向くことが出来れば

人生はとても勢いよく前に向いて行くようになります。

それは何故かというと

表層と深層の思考が同じ方向を向くので、

互いのエネルギーが足を引っ張りあわなくなるからです。

その足を引っ張る深層の自分とは

感情のことです。

よくインナーチャイルドと言われますが、感情脳は6歳までにつくられた脳なので、

とても依存的で

怠慢。

そもそも成長する方向が良いものに見えていません。

その深層意識と表層意識の矛盾を無くすには

深層と表層の自分の思考、どちらもが見える目と、

どちらにも矛盾しない理論が必要なのです。

フラクタル心理学は思考の現実化を解き明かした理論

「思考は現実化する!100パーセント例外なく!」

100パーセント例外がないからこそ、矛盾がなく

深層と表層の思考を同じ方向へ向かせていくことが出来ます

 

 

 

ペットに甘いと自分にも、、

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年09月28日

世の中はペットブーム

ペットは本当に可愛いものです。

ペットを可愛がるのと

自分の怠慢サルを可愛がるのは相似形

 

誰から見てもペットに甘い人は自分にもとても甘いところがあるはず。

 

ペットにルールを守らせて厳しく躾けている人は

自分自身もルールを守れる人だったりします。

 

ルールに例外があればあるほど、

思うようにいかないと感じるようになっていくのが

思考の現実化のルール

 

周囲の人がとっている無意識の行動を端から見ていると

その人の意外な一面に気がついたりすることがありませんか?

気を許している相手の前にいるときや、内側の考えに囚われている時、

感情的になったときなど、普段は見せない表情や態度が垣間見えて、

それが良いことだったらいいけれど、

ときには思っていた人と違うとがっかりしたり、嫌いになったりすることもありますよね。

 

 

「なんだかこのひと、印象とちがうぞ?」

 

「人にはあんなに厳しいことを言うくせに自分には甘いんだな」

 

二面性を感じると人から不信感を抱かれてしまう原因にもなります。

 

最初はその二面性に惹かれて好きになった相手も

次第に鼻についてくるようになるのはその部分だったりもします。

 

外側のルールは内側にも適用しないと、自分が無意識のときにとった行動で人の不信感を買い

近しい間柄であればあれほど争いの原因になっていきます。

でも内側と外側のルールを一本にするのは、口で言うほど簡単ではありません。

人は無意識の自分には気がつけないからです。

 

そこで役に立つのがフラクタル心理学

「思考は現実化する!100パーセント例外なく!」

とするフラクタル心理学理論は、無意識の領域を読み取れるだけでなく

新しくつくりかえていくことが出来ます。

外(自分で認識できる自分)と内(無意識の自分)の矛盾を無くしていけば、外側に敵はいなくなり

自分が生まれてきた人生の目的が見えてきます!

 

 

「モンキートレーナー」を書いている頃と今の自分は別次元

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年09月21日

ブログ

 

「モンキートレーナーたまこ」が

                     アマゾンキンドルで9月15日に

          電子出版されました!


     「モンキートレーナーたまこ」の
     Facebookのご紹介ページはこちらから 


アマゾンkindle本「モンキートレーナーたまこ」購入サイトはこちら

この本はわたしがまだフラクタル心理学を勉強し始めの

感情大好き人間で

困ったもんだと思いつつも

自分の中の怠慢サルを手放せず

愛情込めてディスりまくったブログです。

 

とはいえ自分の中には怠慢サルの自分ばかりではなく

未来の自分(進化成長した自分)もいるので

ディスって面白がってばかりはいられません。

 

それまでの人生

未来の自分からのダメ出しが日常生活には頻繁にやってきて

落ち込んだり

自虐に走ったり

頭にくることばかり

 

 

このダメ出しする自分をなんとか滅ぼして

やりたいことがやりたい放題に出来る人生にしたいと思っていたら出会った

思考の現実化を理論で解き明かしたフラクタル心理学

 

 

今の自分を否定する、厳しいダメ出しばかりをしてくる自分の方を

消し去れることを期待して喜び勇んで飛び込んでみたら

 

 

自分が、愛してやまない怠慢サルのせいで

これまで厳しいことばかり言う嫌な奴や

とんでもなく我儘で自分本位なダメな奴に苦しめられ

自分が思い描く未来に行けなかったのだということがわかり

びっくり!

 

認識がまるで真逆だったのです!

 

「嘘だ!嘘だ!嘘だ!

この可愛い、愛すべき怠慢サルの私を手放すことなんか出来ない!

それじゃあ私じゃなくなっちゃうじゃないか!

自分じゃないものに変わって凄い人になったとしても、なにが楽しい?

これはまさに感情脳優位(理性脳よりも)の状態の特徴的な考え方なのですが(>_<)

こんなジュクジュクした想いを内に秘めながら

ブログを書いていたのです。(・.・;)

 

あれから6年

「そんなのやだ~!わたしじゃなくなる!!」と叫んでいた当時の私は

 

修正された未来には、感情がないロボットのような

理性の自分しか残らないと感じていたものですが

まったく違いました!

 

怠慢サルは修正されると

表層意識(理性脳)という親分の前にしゃしゃり出て

           ああしろ!こうしろ!と指図することはなくなってきます。

                恨みや誤魔化しに使っていたエネルギーを手放した後は

 

                   内側で静かに

未来の目標を生きがいにして

現実化していこうと情熱を燃やし始めます

生きがいと情熱って感情なのです!

 

もちろん今でも前に進もうとするかぎり

修正は必要になりますが

 

目標に向かってする努力を嫌なものだと感じることもなく

もう無理だ!と制限をかけることもなく

コツコツと頑張ることが出来る

前進エネルギーになります!

 

そして、過去に修正してきた怠慢サルは

修正された後には能力として活用していけるようになるのです!!

 

でも一つだけ予感が当たっていたのは

確かに今の自分は

当時の自分とは別次元にいる(違う人間)とは感じています

    以前は色々な感情が動いて

   どうしても出来なかったことが

今はなんの抵抗もなく出来ている自分

                  このなんとも身軽な感覚を経験すると

                誰もが過去の自分とは別次元にいると感じるはずです。

                      

 

「モンキートレーナーたまこ」

思わずニヤつきながら読める内容の本ですが、

自分の人生にどんな感情の制限があるかに気がつけます。

そして愛してやまない感情の自分を、しばし立ち止まって客観視する目ができるはず。

 

是非ご購入の上、もう一つ次元が上がった未来の自分を想像してお読みください!

 

 

「自分らしさ」は感情脳がつくったフェイク

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年09月14日

普段当たり前に感じている「自分らしさ」って実は感情脳が決めているって知っていますか?

 

 

この自分らしさを守る為に感情は常に動きます。

 

誰かが、あなたは間違っていると言えば、怒りの感情が湧いてきて相手を非難したくなるでしょう。

「もっとこうしたら?」と言われただけで自分を否定されたように感じ、相手を敬遠したくなるかもしれません。これ以上やったら自分らしくないと感じると無理も努力もしようとしません。6歳までにつくられた感情脳が決めた自分らしさは、6歳児の頃の認識のままにこれが私らしさだと主張するので、自分を周囲の求めに応じて成長させることも、変化させようとも思いません。そして、周囲こそ自分にあわせるべきだと求めるので外側にばかり目を向け、要求し、非難します。そうやって常に自分らしさを盾にして、今の自分を正当化し、反省する回路をもっていないのが感情脳なのです。

自分が正しい!と言い張りたいとき、あなたは感情脳を使っています。そう感じている限り、自分を成長、進化させていくことはできません。

 

 

感情脳の主張する自分らしさを捨てれば格段に出来ることが増えて、これまで決して手に入れられなかった憧れの生き方を生きている次元にアップします。

 

 

 

感情脳が求める幸福の末路

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年09月07日

あなたは幸福になりたい!

とか

なにか面白いことないかな?

 

と当たり前に思っていませんか?

 

 

幸福になりたいから頑張って生きている!

面白いと思える瞬間があるから生きている意味がある!

 

 

 

実はそう感じているのは感情脳なのです。

 

 

そう思っている限り

 

あなたが6歳以下の自分の幸福感や面白さを追い求め続けるでしょう。

 

人から貰わないと自分を幸福にできない。面白いと思えない。

6歳までにつくられた感情脳は、当り前にそう感じています。

 

 

それが何であっても、あなたはそれを外側に求め

感情に浸ろうとしつづけるのです。

 

コツコツと能力をつけて自分の欲しいものは自分で自分に与える!という自己完結の回路とは真逆の回路なので、この回路があると社会で成功することはできません。

 

無意識に人の顔色を伺い、行動を見張り、思い通りの感情が得られないと不満を募らせ、感情に浸ることばかりを追い求めていくことになります。その結果、人との感情的な問題に振り回される人生になっていきます。

 

感情脳を修正して理性脳で生きることは、

脳を進化させて、蝶やセミが変態して成体になるような

これまでとは異なる次の次元の生き方をすることになるのです。

 

 

 

 

 

 

真逆に見えているものは同じエネルギー

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年08月31日

こうなるのだけは絶対嫌だ!

なんとしても避けたい!

 

と思う一方

 

これだけは絶対手放せない!

これをやっている時こそ至福のとき!

 

 

この両極端な思考は感情脳からきています。

 

 

実は

 

同じ思考のエネルギーが真逆なものに見えているだけなのです。

 

片や、絶対に離せない!と意地でも放そうとせず

 

片や、絶対に近寄りたくない!と避けようとする。

 

 

このままいくと避けたいものを現実化してしまうのです。

 

絶対に避けたい!なら、これだけは手放せない!と執着しているものを手放すのが一番の早道なのですが、思考の現実化理論を知らなければ、真逆に見えているものが同じエネルギーなのだと気がつくことが出来ません。感情が執着したものを手放すことは容易ではありませんから、まんまと感情の罠にはまって、避けたいものを現実化していきます。

 

なぜこうなるのでしょうか?

 

感情は波なので、高く上がったら同じだけ低く下がります。つまり嫌だ!の波を消したいなら、同じ大きさの好きの波を消さないと、打ち消されないのです。

 

私たちは、本当は深いところでそのことを知っています。

でも、その深いところにある知恵は感情の大波に打ち消され、避けたいもの、嫌いなものを次々と現実化していくのです。それは、自分のやり方に合わさないまわりが間違っていると大人になっても思う、感情脳の誤魔化し、恨みが修正されないかぎり、この仕組みに気がつくことができません

 

 

面倒くさい人は祟り神になっていく

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年08月24日

「このひと面倒くさいなあ」

 

そう思う人が周囲に現れたら要注意

 

この面倒くさいひとというのは、周囲にいらない気を使わせたり、色々面倒なことを言ってくる人のことです。

 

 

最初のうちは、まだあまり迷惑というほどでもないので、さほど気にならなくても

かかわっているうちに、とても面倒をかけられるようになってきます。

 

実はこの面倒くさい人は、とても依存的なのです。

色々なことを頼んで来たり、こちらにとってはどうでもいい話をしてきたりします。

 

本来ならこの段階で付き合いを切らないといけないのですが、自分の中にも同じように依存的な自分がいると、切ることが出来ません。その自分が「世話してくれないのは愛じゃない。頼られたら優しく面倒みないなんて酷い!」と感じているので、その相手も同じように感じるに違いないと思うからです。あなたは「面倒くさいなあ」と感じているのに、いい顔をして付き合うしかないのです。

 

もし、あなたがこのままこの人物を無視できずに、嫌だなあと思いながらも延々と付き合い続けていたら、次第にこの人物はあなたにとって疫病神のような存在になってきます。どんなにウンザリしていても、まだあなたはこの人を切り捨てることが出来ません。すると次には、祟り神のような存在になって、「ちょっとでも気に障ったら面倒なことになる!」と恐怖を感じて言いなりになるしかないような状況になっていくのです。

 

なぜこうなるまで関係を続けるのか⁉切り捨てることが出来ないのか?

 

それはあなたの中にも、同じように「あの時世話してくれなかった!」「無視された」と

づ~~~と親を恨んで祟り神と化した自分がいるからなのです。

 

感情脳は6歳までにつくられた依存的な子ども脳なので、内側に、子どもの自分を優先してくれなかった親や兄弟への恨みつらみを山のようにため込んでいます。

その子どもの自分に対して、

「なんて可哀想なわたし」と哀れむ自分がいるので、

切り捨てることが出来ません。その恨みを外側の誰かに投影して、不安や恐怖を感じながら付き合って生きるしかないのです。

それは、

自分に合わせてもらうことが良いこと、正しい親の姿だと思っている子どもの脳(感情)を主体に生きているからなのです。

 

そろそろそんな面倒くさい生き方から解放されませんか?

フラクタル心理学は、自分の中に一本の軸をとおして、子どもの脳を大人の脳に成長させて内側の矛盾を無くし、身の周りの争いを終わらせることが出来ます。その先には、自分の夢に向かって頑張り、社会で活躍することを心から楽しむ、大人の脳を使った人生が待っています。

 

 

感情は屁理屈の回路

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年08月17日

感情の回路は屁理屈の回路なのです。

 

子どものとき、親のいうことを素直に聞いて行動せず、もっともらしい理由をつけて逃げていたことが、脳の中に回路として残っています。感情の回路なので、理性脳である表層意識とは別の場所で動いているので、自分ではなかなか気がつくことも、制御することもできません。しかも、この回路は自動操縦なので、「これは我儘なんだ。屁理屈なんだ。」と自分がはっきり認識するまでは、「当り前のこと」なのです。外側から見ている誰かに指摘されても自分が正しいとおもっているので、聞き入れません。

 

 

感情が自動操縦で動く間は、子どもの自分が基準でしか善悪を考えられません。子どもの善悪は、我儘を許してくれなかった、やりたいように自由にさせてくれなかった親の方を悪者に見ていますから、大人になっても社会の価値観とは真逆のほうばかり選ぶことになります。社会で敵に見えている方こそ、親が投影された相手なので、常に成長する方が選べないのです。

 

感情を味わう人生は波のように浮き沈みを繰り返すだけで「勝った、負けた」にこだわり続けます。勝とうとするのは、本当は負けているのを知っているからです。勝って優越感に浸ったとしても、すぐにまた敗北感に変わります。偽物の勝ちなので、満足できないからです。

 

フラクタル心理学の感情修正は、この誤魔化しの感情の回路を真っ直ぐな回路に修正していくことができます。勝ち負けにこだわるのは子どもの脳(感情脳)だけです。大人の脳を使うようになれば、自分を誤魔化す為に敵を外側に投影しなくなるので、見ている世界が安心安全に見えてきます。もともと自分が持っているやり方、騙されたり、嘘をつかれたり、誤魔化されたり、攻撃されたりする心配がないので、人を見なくなります。自分に向き合い、手元に集中して能力を積み上げ始めます。戦いにエネルギーを使わなくなり、人生を創造するほうに使えるようになるのです。

 

 

 
1 / 612345...最後 »

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2020 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top