言いわけしないから成長出来る

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2021年04月22日

人は成長したくて現実を生きています

 

もし成長する方を選ばないとしたら

それは死を選ぶことと同じ

問題ばかり起きてくるし

身体はどんどん衰えてくるし

体力は落ち

健康に不安を覚えるようになっていきます

 

人の世話や面倒をみたくなるのも

実は成長する方向を選びたくないときなのです

 

そういう時は自分の周りに

手のかかる人

心配せずにはおれない人が現れます

 

自分では困った問題が起きた!と思っていますが

これを現実化したのは

深層意識の中の感情脳(子ども心)なのです

 

 

フラクタル心理学理論を学ぶと

起きた現実に一切言い訳が出来なくなります

 

理論を学ぶ前は

何かが起きてから「わあ!こんなことが起きた!」と驚き、戸惑い

「私、今こんな状態だから○○出来ないんです」

と起きたことを言い訳にしてきました。

 

 

思考の現実化理論を学ぶと

その現実を創ったのは自分だと分かってきます。

 

普通に考えれば

自分が好きに現実を創っていいとしたら

そんな困る現実を創ろうとは思いませんよね。

 

でも

自分が創っているといっても

自分には見えていない感情脳(子ども心)の自分が創っているのです

 

 

6歳までにつくられた感情脳は

成長する方向が良いものだと思えません

それは誰にも依存せず

次々に新しいことに自分の力で挑戦していくのは怖いからです

人は一つの人格で生きていません

自分とはまったく違う価値観で動く自分もいるのです

この脳に現実化を任せておくと

 

自分が成長する方向を選ぶことが出来ず

「どうしよう!これがあるから上手くいかない!」

という問題から解放されません

でも

 

本気でそんな人生から解放されたくなったときは

相手に見ている問題を自分に返して

成長する方向を選べばいいだけなのです

 

思考

<< 前の記事へ
」 
 次の記事へ >>

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2021 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top