自立するとは?

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年06月15日

 

感情脳は未熟な子ども脳

この脳(大脳辺縁系)を多く使っている限り、大人の脳(前頭前野)を使い、更に発達させていくことが出来ません。脳を大人にするのは親の役目ではありません。自分自身にしか出来ないことなのです。自立するとはそういうことだから。

 

誰も恨まない。誰のせいにもしない。

この世界を創っているのは自分だと気がつくことこそ、本当の自立。

その構造はすべてフラクタル構造なので、

現在何かに取り組んで頑張ろうとしても、

「めんどうくさい。」「明日からやろう。」「どうせ上手くいかない。」「諦めよう。」

そう思って行動できないとしたら、これが、子どものときの自分が決めた思考パターンなのです。

何かに取り組んで頑張ろうと自分に成長を促す自分は、親と相似形です。

感情脳=子どものときの自分、

表層意識(言語脳)=こどものときの親、

これがこのまま現在にフラクタル(相似形)で持ち越されます。

つまり、親に抱いた思い、とった行動が、今にそのまま持ち越され、

自動操縦で同じように感じ、同じように行動します。

こどものとき、遊びたくても親は色々な用事をいいつけて動かそうとしました。今を楽しむことしか考えない子どものときは、何故親がそれをやらせようとしたかはわからないので、

「邪魔された!いつも親は私の邪魔をする!私の気持ちを理解してくれない!」

と本気でうらみ、

「だったらいいよ。親の見えないところに逃げてやる。」

「無視してやる!」

「反抗してやる!」

など、色々なやり方を決めています。それらもすべて、フラクタル(相似形)で今の脳の中に型として存在し、同じ感情を味わい、同じ行動を繰り返しているのです。脳は、一々行動や感情を考える手間を省いて、同じような感情と行動を型に当てはめて使いまわし、

エネルギーを効率よく節約しながら思考の現実化を図っているのです。

このままでは脳の基本設定が

「私の楽しみを奪った親は間違っている!」

「楽しく遊ぶのが子どもの仕事」

になっていますから、親に反発して恨む気持ちは、

そのまま社会に、上司に、夫に、先生に、政治家に、子どもに(今度は、自分は親の役割で)投影され楽しみを優先しようとばかりします。仕事をしようとすると、

こんなの私の仕事じゃない!と感じ、やる気になれません。

頑張ろうと思うのに、頑張れない。このままじゃマズイとわかっていても行動できない。

それは脳の初期設定が大人社会の基準ではなく、家庭の中で親に守られる子ども基準のままだから。

 

その基準を、

反発する感情脳を修正しながら、

社会の基準に合わせていくのは、親ではなく自分の役割。

感情脳を修正し思考の現実化構造を理解すれば、

大人の脳が機能し始め、

社会で活躍する、

まったく違う人生を生きるようになるのです。

<< 前の記事へ
」 
 次の記事へ >>

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2020 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top