当りまえの壁

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年11月02日

もうちょっと我慢出来たら、もっと成果が得られたのに、

と後悔したことはないですか?

 

それは、あなたの感情脳にある、「当たり前」の壁が原因かもしれません。

 

この「当たり前」と感じるのは実は感情脳という部位で

 

この脳は6歳までにつくられたので

当たり前の範囲を子どもの視点と感覚で決めています。

 

当たり前ではない状態が生じると脳は感情を総動員して当たり前の状態に戻そうとします。

 

 

 

楽しい方がいいに決まっている!

面白い方がいいに決まっている!

気持ち良い方がいいに決まっている!

ラクな方がいいに決まっている!

お腹が満たされているほうがいいに決まっている!

 

そんなのは当り前じゃないか!

 

と思っていると

ちょっとでも面白くない

ちょっとでもつまらない

ちょっとでも不快

ちょっとでも厳しい

ちょっとでも空腹

 

 

と感じただけで

脳は異常な状態と感じ、当たり前の範疇に戻そうとします

 

すぐに戻すことが出来ないとヒステリー状態になり

中毒症状を起こして

餓鬼のように貪りつくすようになります。

 

つまり、我慢が出来なくなるのです。

それが自分の中に無意識の限界をつくるので

「もうちょっと」の我慢が出来ません。

 

 

 

この限界を外すには

 

感情脳にアクセスして

 

小さい頃に設定した当たり前の範囲をリセットし、

 

新しく設定しなおす必要があるのです。

 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2022 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top