「好き嫌いを言う自分が本当の自分」それって本当?

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2020年10月26日

感情とは自分を縛る暗示のようなもの

 

いつも無意識で同じような暗示をかけています

 

「出来ない」

 

「やりたくない」

 

「大嫌い」

 

「絶対無理」

 

「面倒くさい」

「あれが欲しい、あれは嫌だ、気持ちがいい、気持ちが悪い、もっとこうしたい、これはしたくない」

 

感情のいうことを聞いているかぎり、気持ちはあっちにフラフラこっちにフラフラ、

すぐに移り変わります。

同じ方向へ行動を積み上げることが出来ないばかりでなく

自分を動かすことそのものが難しくなっていきます。

感情を使ってる間は意志を使うことが出来ません。

 

好きなこと、楽しいことしかやろうとせず、努力や、我慢を避けてとおり、

「そんなの誤魔化しでしょ!」という相手を悪者にして

自分を正当化する戦いに明け暮れます。

 

 

あなたは感情の自分(好き嫌いを云う自分)を、自分らしさだとおもっていませんか?

 

それはいつまでも依存していたい自分の自己正当化にすぎません。

 次の記事へ >>

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2022 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top