感情の思考と理性の思考を分ける

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2021年03月22日

仕事をしていると

困った人が周囲に現れることがあります。

それはお客様としてかもしれないし

同僚や上司や部下としてかもしれません

仕事で困ったことが起きると

私生活でも困ったことが起こりやすくなります(フラクタル構造)

フラクタル心理学では

この困った問題を自分の感情脳とのコンタクトで

解決することが出来ます

感情脳の思考と自分だと思っている思考は

まったくの別人格と言ってもいいのですが

普段はその区別がつきません

さっきまでは感情脳で考えて

次の瞬間は理性脳で考えていますが

そのどちらも自分だとしか認識出来ません

ここを区別することで

感情脳の自分にコンタクトし

なぜ現実が上手くいかないのか

何を手放して

何を次に選べばいいのかを教えることで

問題を解決することが出来るのです

それは

「思考が現実化する。100%例外なく!」

というフラクタル心理学の思考の現実化の仕組みがわかる

一元の理論が

理性の脳にあるから出来ることなのです

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2021 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top