フラクタル心理学を使いこなす回路

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2021年03月14日

フラクタル心理学は感情脳を使っていると

テキストを読んでもなかなか理解出来ませんが

 

 

意味が理解出来たときには

 

必ず驚きがあります

 

この驚きは

 

これまでわかっていなかったことが分かった瞬間の

 

「そうだったのか!!」という

 

意外性のある驚きです。

 

 

もし、この驚きがなかなか持てないとしたら

 

無意識に感情脳を使っているので

 

理論が入っていかないのです

 

感情脳は自立を嫌うので

 

この自立の理論を聞いた瞬間

 

感情が動くのです

 

感情が動かなくなってはじめて

 

この理論が前頭葉という理論脳に届き理解すると

 

ハッとするような驚きを感じます

 

 

この驚きを修正という方法で

インナーチャイルドに伝えると

 

インナーチャイルドが驚きます。

 

 

すると

 

現実が変化するので

 

また自分が驚くのです。

 

このように

表層と深層とで驚きのフィードバック

を何度も繰り返すことで

 

フラクタル心理学を

 

使いこなせるというレベルまで

 

自分の中に深めていけるのです

 

 

 

 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2021 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top