家族に問題が起きる時

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2018年06月12日

 

 

 今までなんの問題もなかったのに、何か新しいことをやろうとすると

途端に問題が起きることがあります。

 

例えば

仕事で新しい部署に移動したとき

子どもが新学期に入ったときなど

 

 

突然心配事が起きたときは

自分のことどころではなくなりがちです。

 

でも

家族の問題であっても

これは自分の問題だと考えると早期に解決できるって知っていますか?

 

むしろ、自分が問題から逃げてしまうと家族も問題から逃げ、

悩みは深刻化していきます。

 

家族にかけたい言葉が

「あきらめずに立ち向かいなさい!」であるなら

あなたが何かに立ち向かうことを避けていないか

「もっと謙虚になって人の意見を聞けば!?」であるなら

誰かの意見を無視し続けていないか

 

立ち止まって考えてみてください。

きっと思いあたることがあるはずです。

 

 

フラクタル心理学では

相手に言いたいことは自分に言いたいこと

これに例外はないと言います

 

あなたが自分の課題に立ち向かうようになれば

必ず家族も立ち向かうようになるのです。

 

そしてもう一つの大きな効果は

たまらなく不安だった

家族への心配が消えていくのです。

 

 

 

もし、ずっと同じ不満を誰かに言い続けている(心の中でも)としたら

どうしても向き合いたくない自分の課題があると考えてみましょう。

 

 

 

 

別にたいしたことじゃないと小さな問題を無視していると

 

無視できないほど大きな問題が起きて

ビックリすることになるのです

 

 

 

 

 

あなたは

自分次第で変えることが出来る世界と

 

自分ではどうにも出来ず

ずっと我慢するしかない世界と

どちらに住みたいですか?

 

 

思考は現実化する!100パーセント例外なく!

 

 

 

「人は鏡」の本当の意味を理解して

自分に起きる問題は

自分で解決できる人生にシフトしませんか?

 

 

フラクタル心理学を学びたい方は右のリンクから

 

 

カウンセリングルーム「桜」6月のセミナー「愛に気づく」

場所:広島県福山市松永町

詳細はホームページのフリースペースをご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<< 前の記事へ
」 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2018 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top