感情が諦めの人生をつくる

カテゴリー/ その他 |投稿者/ カウンセリングルーム「桜」
2021年03月01日

 

思考は現実化する。100%例外なく!

 

といっても

 

自分が無意識のときの

 

感情思考には気がつきません

 

子どものときから

 

当たり前に感情が動いていれば

 

自分が感情を使っていることにも気がつきません。

 

 

感情脳は6歳までにつくられた脳なので

 

社会のルールとは逆向きの

 

自分なりのルールを持っています

 

それは

 

自分のやり方に合わせてよ!

 

いまのままでいいといってよ

 

今のままで認めてほしい

 

いまのままで大切だといってほしい

 

ストレスがない気持ちいい状態でいたい

 

というような

成長することとは逆向きの

 

子どものルールそのものなのです

 

 

でも子どもらしいなどといっていられません

 

この社会のルールとは真逆の感情が

 

大人になってもいつも動くので

 

我慢がきかず

人間関係の問題に苦しみます

社会で上手く生きられない原因になるのです

 

子どものときなら

 

感情をそのまま表現してもまだ恥ずかしいとは感じないかもしれませんが

 

大人になると

感情は子ども心なので

そのまま感情表現することが出来なくなります。

 

すると

 

自分の感情を誤魔化す癖がついて

 

ますます自分が本当は何を思考しているかが

 

わからなくなっていきます

 

本音を隠して建て前で生きようとすることも

大きなストレスになっていくのです

 

思考が現実化するので

 

頭に中の葛藤が外側に投影され

 

自分が責められたり

 

騙されたり

 

恨まれたり

 

して苦しむことになるのですが

 

自分を誤魔化しているので

 

目の前の相手が自分の思考が投影された相手だとは思えません

 

すると

葛藤が終わらず

現実に苦しむだけで

 

現状を変えることが出来なくなり

あきらめの人生になっていきます

 

カウンセリングルーム「桜」
広島県福山市松永町4-32-7
TEL:090-4691-9173

Copyright © 2022 monkey-tamako,all Rights Reserved.

Top